トピックス(冬向け対策)



乾皮症とは。

皮膚が乾燥した状態を乾皮症といいます。 高齢者によく起こり、時には炎症を伴って 皮脂欠乏性湿疹となります。 年をとると皮脂が減少し、皮膚の水分を 保つ働きが弱くなって 乾燥状態となります。
この状態に入浴で洗いすぎるとか痒みのために かいたりすると皮膚炎を 起こし てしまうのです。 部位としては膝から下にできやすいのが特徴です。


治療法は

乾皮症(カサカサ)には保湿剤(尿素軟膏、ヘパリレ 類似物質軟膏など)を使います。 皮脂欠乏性湿疹には、 弱めのステロイド外用剤を短期間使用します。  

予防は

お風呂の入りすぎや、熱いお湯の長時間入浴、 石鹸の過度の使用を避けます。過度の暖房や除湿を避け、適度な湿度を保つことが 必要です。
刺激のない衣服や寝具を使用し、 アルコール、香辛料などは控えめにしてください。

凍瘃(しもやけ)

しもやけとは

初冬、晩秋によく起こり、5℃前後の寒さにさらされたときに手足に紫紅色斑、うっ血 を生じ、 かゆみや痛みを伴うこともあります。末端部の血液循環障害を起こしやすい体質 に基づくとされ ています。

治療は

ビタミンE軟膏やステロイド軟膏を塗り、ビタミンE剤や抗ヒスタミレ剤の内服をします。

予防

寒さにさらされないように注意し、湿気も避けるようにします。
手足のマッサージを励行することも大切です。 予防は急に寒くなる前の初秋の頃より始めるのがよいです。